染工房は、手染めにこだわる熊本の染物屋。はっぴ、はんてん、のぼり、のれん、旗などをプリントにはない風合いで染め上げます。

熊本県熊本市花園1-12-21 TEL/FAX 096-355-1312

  • 手染めのいろは
  • 染物いろいろ
  • 職人の業
  • 染工房について
  • お問い合わせ

職人の業

染工房ブログ 日々是精進

職人紹介

中村淳一
中村淳一
染工房代表。
この道を歩み始めて、四半世紀以上が経つ。
中村優允
代表中村の息子であるが、
父を師としてその業を受け継ぐべく修行中。

染め作業の流れ

壱 図案起こし
お客様からいただいた入稿データ、もしくはラフデッサンなどのデザインを起こします。
弐 下絵・型紙の制作
染め上げるものに合わせて、下絵・型紙を制作します。文字が白抜きの場合は、文字部分を切り抜きます。

参 枠型貼り
生地に制作した型紙を貼っていきます。
空気などが入らぬように慎重を期します。

四 色づくり
お客様との打ち合わせの中で決定した色をつくります。この色づくりは、長年の経験と職人の感覚が必要になる、重要な作業です。
伍 染め上げ
いよいよ染め上げます。職人の業が最も発揮される工程であり、作品の良し悪しにも大きく影響してきます。
ムラなどが出ないように丁寧に、心を込めて染め上げていきます。
六 乾燥
染め上げが終わると、色を定着させるために、乾燥させます。しわやたるみが出ないように、しっかりと左右から張りを加えて、乾かします。
七 蒸し
乾燥後、高温の蒸し箱内にて蒸します。この作業により、色が生地にしっかりと馴染みます。
八 洗い
余分な染料を落とすために水洗いをします。水洗いによる傷などが入らないように、ここでも慎重な作業を行います。
九 仕立て・縫製
原反からの染め上げの場合は、生地の余分な部分を裁断します。お仕立てが必要な場合は縫製して完成となります。
拾 納品
ここまでが染め作業の簡単な流れになります。この各工程における丁寧な作業と、経験豊富な職人だからこそ可能な業で、お客様にご満足いただける品をご提供できるのです。
染工房 熊本県熊本市花園1-12-21 TEL/FAX 096-355-1312